CSNPプロジェクト概要

Cosmopolitan  =  国際人・自由人・国際主義者

Sophi-mor  =  知的で+ユーモアのある

Nobel  =  スウェーデンの偉大な科学者・ダイナマイト発明者

Prize  =  人類の平和・福祉に貢献した人に与えられる名誉賞

CSNPプロジェクト概要

Cosmopolitan = 
国際人・自由人・国際主義者

Sophi-mor =
知的で+ユーモアのある

Nobel =
スウェーデンの偉大な科学者・ダイナマイト発明者

Prize =
人類の平和・福祉に貢献した人に与えられる名誉賞

運営組織/メンバー

riji_800px

代表

萩原 一郎

|明治大学研究・知財戦略機構特任教授

副代表

安部 博枝

|株式会社abilight 代表取締役社長

理事

石原 葵

|(公社)日本べんとう振興協会会長,東京海上日動火災保険(株)顧問,(公財)水産物安定供給推進機構理事長

理事

大倉 典子

|芝浦工業大学学長補佐、工学部情報工学科教授

理事

岡村 宏

|芝浦工業大学先端工学研究機構ライフサポートテクノロジー研究センター名誉教授

理事

謝 端明

|BoCo株式会社CEO

理事

野上 晃

|Tech core国際特許事務所 所長弁理士

理事

間瀬 俊明

|デジタルプロセス株式会社名誉顧問

理事

渡部 陽

|㈱グローバルアクシス最高顧問・日中自動車交流協会会長・早稲田大学環境総合センター招聘研究員

監査

田辺 誠

|神奈川工科大学 名誉教授

活動内容

授賞候補者、授賞活動の公募・ノミネート

授賞者、授賞活動の一次選考

選考委員の選定・選考会開催

授賞式の開催

プロジェクトメンバー、ご賛同企業様の募集

賞運営に関する広報活動

賞運営の考え方

本家イグノーベル賞の運営方針に沿って、遊びゴコロをもって楽しく運営していきます。
授賞対象、分野には制限を設けず、世の中を元気に明るくすることに貢献されたユニークな研究や活動、個人に広く授賞の機会を設けます。

・自薦、他薦は問いません。
・主に縁の下の力持ち的存在の発掘と労いが目的であるため、既に受賞歴のある方や、活動は原則的に除きます。
(第11回は、記念授賞式であるため例外)
・公募により募集し、その中から各回10件程度を目安に、選考委員により授賞者を決定いたします。
・大賞、入賞などとせず、分野ごとに大賞、佳作、特別賞などを付与します。
(例:哲学賞、工学賞、医学賞、文学賞、科学賞、環境賞、平和賞 など)
・賞状による表彰と記念品を授与します。賞金はありません。

NPO法人設立趣旨

設立趣旨書

 

①法人として取り組んで行こうとしていることに対する現状や背景と問題点
社会で働く方の中には、どんなに頑張って仕事をして、も「仕事は出来て当たり前j の文化の中で、労い・賞賛される機会が少なくモチベーションの維持が難しいじとて感おられる方も少なく ありません。また、組織で働く方の多くは、自分自身の仕事が最終的にどのように社会貢献に繋 がっているのかを実感できない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

②その問題について、どのようになることが望ましい状態・姿と考えているのか 米国では1991年にイグノーベル賞(I g Nobel Pr i ze)が創設されまし た。
イグノーベル賞は、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれるj 研に究対して与えられ、2002
年には、「犬語翻訳機「バウリンノレガJ の開発によって、ヒトとイ ヌに平和と調和をもたらした業績」に対して平和賞、2014 年には f床に置かれたバナナの皮を、人間が踏んだときの摩擦の大きさを計測した研究j に対して物理学賞など、多くの日本人にその賞が贈られています。
日本においても、遊び心をもって社会に明るい影響を与えらてれおる方や、研究、活動、組織が広く認められ、賞賛される機会が必要と考えておりま。す
受賞をきっかけに草の根のような活動にスポットが当たり、認知拡大や売り上げ向上にも寄与できるのではなし、かと 考えています。

③任意団体としての実績と取り組み
2007 年より任意団体である国際人記者クラブ(広島市)が、イグノーベル賞と同様の位け置付で「Cosmopol i tan Sophomore Nobel Pr i ze~国際2 匹目のどじょう賞~j を主催し、過去10 回表 彰が行われてまいりました。2016 年1 月、国際人記者クラブより、任意団体であCるSN P プロジェクトとして、その賞運営を引き継ぐこととなり、同3 月年に第11回授賞式を実施いたしました。

④今後、どう取り組んでいこうと考えているのか、その取り組みがどのように公益になるのか
受賞対象分野に制限を設けず、自薦・他薦を問わず、世の中を元気に明るくすることに貢献し たユニークな方、研究、活動、組織を広く賞、賛スしポットを当ててまいります。分野ごとに賞
を設け、例えば「文学部門:江戸文学J「賞産業部門:先端ものづくり賞 j などを付与しますが、賞状による表彰と記念品のみを授与し、賞金の設定はいたしません。
賞運営の継続により、働く方々の意欲増進を図り、また、その研究・・活組動織の成果の普及を促進して社会貢献へと繋げる支援をし、社会全体の利益に寄与してまいります。

⑤以上の活動を行うに当たって、何故、特定非営利活動法人を設立しようと考えたのか
既に授賞式の実績が11回を数える本活動の更なる発展と継続のため、特定非営利活動法人設立を決意しました。活動趣旨を世間一般に広め、多くの賛同者を募るためには社会的信用の確保が重要であり、税務上の立場も明確にする必要があると考えま。す法人としての組織化の検討に際
し、特定非営利活動法人が最適な法人形態であると判断いたしました。


平成2 9 年1 月 2 1 日